×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

久美かおりさん ライブラリー

トップページ > 映画出演 > ハーイ! ロンドン

ハーイ! ロンドン

『ハーイ! ロンドン』
(1969年7月12〜25日公開)
  監督 岩内克己さん 脚本 田波靖男さん 音楽 村井邦彦さん

(品番)TDV17298D

(渋谷東宝・興行成績)データなし   1.イントロダクションを参照

1.イントロダクション

ザ・タイガース主演映画第3作目。ロンドンでも撮影した作品。
3作連続のヒロイン役で出演。
今作では、歌手志望の女性・新倉めぐみ役。しかも、裕福な家の「箱入り娘」です。
5人のマンションへ忍び込んだり、ジュリーを口説いて亡父の楽譜探しのため
ロンドンへ向かわせたりと積極的な女性を演じました。

それにしても、久美さんとザ・タイガースが何となく元気がないように見えるのは、
気のせいでしょうか?

銀座・浅草・新宿3地区代表館の観客動員数は、27000人。

2.撮影日程

〈1969年5月27日〉
   ロンドン・ロケへ。
   羽田東急ホテルにて、ザ・タイガースと一緒に記者会見。
   その後、約500人のファンに見送られてロンドンへ出発。
    
〈5月30〜6月8日?〉
   ロンドン・ロケ。
       
〈6月10日〉
   ロンドンから帰国。
       
〈6月12日〜〉
   国内で撮影。
(国内撮影については、手元に資料がありません)
    

3.出演場面のロケ場所(カッコ内の日付は撮影日)

☆サンドバギーに乗って登場する浜辺
  →神奈川・大磯
     ゆうさんから情報を頂きました。ありがとうございます。
       
☆「髪がゆれている」の橋と公園(ロンドン)
  →ウェストミンスター・ブリッジとハイドパーク
       
☆めぐみが、義父に連れ戻される公園
  →東京・港区立六本木三丁目児童遊園
       
☆めぐみがジュリーを口説き、ロンドン行きを決意させる公園
  →東京・新宿中央公園
       
☆めぐみとジュリーが仲違いする広場(ロンドン)
  →トラファルガー・スクエア

4.雑誌記事から

『月刊明星』と『近代映画』に、ジュリーとの対談が掲載されています。

『月刊明星』では、サンドバギーで登場する神奈川・大磯でのロケで撮ったと思われる
2ショット写真が背景に使用され、当時囁かれたザ・タイガースの解散説が話題の中心
になっています。
そして『近代映画』では、新宿中央公園でのロケで撮ったと思われる2ショット写真が
掲載され、ロンドンの話題や映画の内容と話が進み、久美さんが再び映画で共演したい
と語っています。

『週刊セブンティーン』のカラーグラビアに、ロンドン各所で撮影した久美さんの姿が掲載。

5.その他

亡き父の作品をザ・タイガースに披露するという設定で『髪がゆれている』を歌います。
今作の撮影直後に芸能活動を休止し、翌年には引退されてしまうので、歌う姿は大変貴重。
途中でロンドンを散歩する姿に変わってしまうのが、ちょっと残念です。

ラスト・シングル『髪がゆれている/小さな鳩』のジャケット写真は、ロンドン・ロケの際に
撮影されたものが使用されています。

  参考資料